蜂駆除を行なう前に刺されてしまったそのときは

蜂の脅威からペットを守るために

ペットが蜂に刺されたときの応急処置

家族同然のペットが蜂に刺されるなんて、想像しただけで怖くなってしまいます。ペットが刺されてしまったときに冷静に対処できるよう、応急処置の方法を把握しておきましょう。

針を抜いてあげる

ペットが蜂に刺されたことが判明したら、まず刺された箇所を探し針を探しましょう。刺してきた蜂がミツバチだった場合、針が皮膚に残っている可能性があるからです。もし針が刺さったまま残っていれば、ピンセットを使って抜いてください。スズメバチは針が抜けることはありませんが、毒性が強いのですぐに次の処置を施す必要があります。

傷口を清潔にする

刺された箇所を、水で洗い流しましょう。スズメバチの針は毒性が強いものの、水溶性なので毒が水に溶けやすく、この「水で洗う」という行為が大きな効果を与えてくれます。

抗ヒスタミン剤を傷口に塗る

抗ヒスタミン剤は、ペットが蜂に刺されてしまった場合の応急処置用の薬として大いに役立ちます。間違っても人間用の塗り薬は使用しないようにしましょう。

針を抜くときにペットが暴れるときはどうしたらいいの?

愛犬や愛猫が蜂に刺されてしまった場合、当然「早く処置してあげたい」と思います。しかし、ペットが興奮状態にあるときに無理やり針を抜こうとすると、暴れて噛まれたり引っ掻かれたりしてしまうことがあります。できるだけペットに負担をかけない保定のやり方を覚えておきましょう。

TOPボタン